大手町のランダムウォーカー

現役銀行員が教えるお金のこと

ボトルシップの作り方

どうもどうも。

 

うつヌケもの。です。

 

前回記事で紹介した、ボトルシップを人に見せると、よく聞かれます。

 

「これ、どうやってビンに入れたの?!」

 

「どうやって作ったの?!」

 

と…

 

よく漫画では「ピンセットを使ってビンの中で組み立てるんだ!」なんて紹介されておりますが、半分正解で半分不正解です。

 

正確には、「ビンの外で船を作り、小さく折りたたんでビンに入れ、最後にピンセットで形を整える」ということをします。

 

ボトルシップは、

 

  1. キットを使う方法
  2. 木材からゼロから作る方法
  3. キットを改良して作る方法

 

がありますが、キットの通りに作ると意外とチャチなものができてしまいます。

 

また、ゼロから作ると手間がかかるわりには、良いものができないので、私はベースとしてキットを使い、船体の形やマストなどは好みに応じて改良しちゃってます。

 

ステップごとに追って見ていきましょう。

 

まず、木材をナイフやヤスリを使って、船体の形を作ります。キットを使うと、ある程度船の方が出来ているので、加工が楽です。

f:id:masaya-c-koike:20190109200836j:image

すでに船っぽいですね!

 

続いて、船体に色を付けます。

f:id:masaya-c-koike:20190109201129j:image

この時点で、作りたい船に応じて模様を入れてしまいます。

 

続いて、マストを立てます。

f:id:masaya-c-koike:20190109201311j:image

この時、マストは後ろに倒せるように固定しないことが重要です。

 

次に、帆を張ってロープを張ります。

f:id:masaya-c-koike:20190109201502j:image

ロープの張り方は、ボトルシップの本を読むと綺麗に張れます。

 

次に、空ビンに着色したパテを入れて、海を表現します。

f:id:masaya-c-koike:20190109201829j:image

 

船の帆を折りたたんで…

f:id:masaya-c-koike:20190109201919j:image

 

ビンに詰め込み、ピンセットで形を整えれば…

f:id:masaya-c-koike:20190109202044j:image

ボトルシップの完成です!

 

今回は伝説の海賊、ゴールデン・ハインド号を作ってみました!

          ↓

f:id:masaya-c-koike:20190109202234j:image

 

うむ。悪くない笑

 

こちらは過去に作ったものですが、参考になればと思います。

f:id:masaya-c-koike:20190109202724j:image

 

もっと細かいところまで教えろ!っという方がいれば、コメント頂ければ、オススメのキットや、加工方法、ロープの張り方まで紹介しようと思います。

 

今日はここまでです。

 

ではでは。