大手町のランダムウォーカー

現役銀行員が教えるお金のこと

魂の音色① アイルランドのバグパイプ

今日は、もう一記事。

 

うつヌケもの。はバグパイプの音色に心が浄化されたと紹介しましたが、その中でも特に気に入っている動画があります。

 


Mick O'Brian - Christ church 2012

 

バグパイプとは楽器の名前ではなく、どちらかと言うと楽器の種類です。

 

スコットランドのバグパイプは口で吹くタイプですが、アイルランドのバグパイプ(イーリアンパイプス)は、肘に鞴がついており、そこから空気をバッグの中に送り込みパイプを鳴らします。

 

この映像は、Mick O'Brien というイーリアンパイプスの演奏家で、数いるバグパイパーの中でも、筆者が特に好きな演奏家の一人です。

 

本当に、哀愁のある良い音色ですね。

 

筆者は目をつぶって、このイーリアンパイプスの音を聞くと、アイルランドの草原を思い浮かべます。

 

そしてそこに、小さな家が一軒建っているのです。

 

そこは小さい教会で、毎週日曜日になると村人たちが集まってきます。

 

ここでで演奏されるのが、このイーリアンパイプスです。

 

ミサが終わった後、一人の演奏家がステージへあがり、何も言わずに、ただ楽器を演奏するのです。

 

この情景を思い浮かべると、うつヌケもの。は、大変落ち着きます。

 

心の落ち着け方は、人それぞれ違うかもしれません。

 

もしかしたら、それは以前このブログで紹介したマインドフルネスかもしれません。

 

もしかしたら、それは今話題のQueenのボヘミアン・ラプソディーかもしれません。

 

しかし、これらに共通することは、一度、過去や未来への考え事をやめ、今、この瞬間を味わうと言うことではないでしょうか。

 

あなたが生きているのは、今、現在です。

 

今、現在をもっと大切に過ごすことが、よく生きることに繋がるのではないでしょうか。

 

私はより豊かな人生を送るための旅人のひとりで、まだまだ修行中のみですが、少しでも皆さんのお役に立てたら幸いです。

 

今日も、皆さんの心が豊かでありますように。

 

うつヌケもの。